中古車買取店での査定額を簡単にアップさせる交渉のコツ

車下取り

愛車を少しでも高く売りたいと思ったら、中古車買取専門店で無料査定を依頼するのは基本中の基本です。これまで大切にしてきた愛車だからこそ、中古車買取専門店では査定士に高く評価してほしいと思うのは当然のことです。

査定額をアップするためには、それなりに努力が必要になりますので、車の査定士と交渉して、しっかりとコミュニケーションをとることです。そして、愛車についてのメリットがあれば、おおいにアピールすることが肝心ですね。

中古車買取専門店で車を査定してもらい、高額査定を目指すためにもっとも重要なポイントは、「条件が見合うのであれば、今すぐにでもこのお店で車を買取してほしい。」という態度を示すことです。

車体と車内装備など、車の状態が良ければプラス査定になることはもちろんですが、具体的に車の買取について話を勧めていく段階で、車をいつお店に引き渡しをするのか、こちらが希望する条件などを査定士にはっきりと出しておきましょう。

査定士とうまく駆け引きをすることによって、中古車買取専門店が抱えるリスクを取り除き、コストを省くことができるので、その分査定額がアップされる可能性があります。

愛車を売却するのに、プラス査定になると思われる要素があれば、査定士にしっかりとアピールしておくことです。誰でも愛車を高く売りたいと思うのは当然ですから、中古車買取専門店では、査定士とのコミュニケーションをスムーズにするのがコツです。

査定価格をアップさせるためには、なにか特別なテクニックが必要なのではないかと思うかもしれませんが、難しいことを覚える必要はなく、誰でも簡単にできる方法がありますので、じっくりとご紹介したいと思います。

車の査定額をプラスするために誰でも簡単にできる方法とは

車の査定額をアップするためには、車体や車内装備をキレイにすることはもちろん、ちょっとした工夫でプラス査定を引き出すことができます。中古車買取専門店では、査定をしてもらう時に、その場にいて、査定士とうまく駆け引きして根気強く交渉しましょう。

希望する条件に合うなら今すぐにでもこのお店で車を売りたい!と強くアピールしよう

愛車を高く売りたいのなら、ぜひこのお店で売るという気合いを査定士に強くアピールすることです。車の引き渡しはいつにするのかなど、お店の提示する条件に見合うのであれば、今すぐにでも車をこのお店で売却するという気持ちでいれば、ここから先はお店との交渉次第で査定・買取価格を大幅にアップさせる可能性もあります。

車を引き渡すタイミングによっては、査定額が上がる可能性もありますが、反対に下がる可能性もあります。

新車を購入するのに納車が来月なので、車の引き渡しは来月の納車の時期にしてほしいと希望している場合、中古車買取専門店では「その間にも走行距離がどんどん増えてしまい、車の年式が古くなる。」「引き渡しまでに時間がかかると、車体に傷がつく可能性があり、事故で車の修理やメンテなんとが必要になる可能性もある。」

「新車が販売される可能性もあり、モデルチェンジされる可能性もある。」など、さまざまな事情がありますので、査定額がアップするどころか、下がる可能性のほうが高くなります。

中古車買取専門店で査定に出したその日に、車の引き渡しができれば良いですが、その日にはできない場合にも、「今日は車の引き渡しをすることはできませんが、3日後であればできます。」というように、希望をあらかじめ伝えておくと、このお店で車を売りたいという気持ちが、よりスムーズに伝わります。

車の売り手側の意向がはっきりとわかったら、他店で車を売却することがないように、大切な車を確保したいと思うのが当然なので、査定額をアップさせる可能性大です。中古車買取専門店としては、車を1日でも早く確保したほうが、ニーズの高い車の在庫を持つことができる上に、その車を必要としている顧客に早いタイミングで売ることができます。車の買取にともなうあらゆるリスクを抑えることもできるので、高額査定・高額買取が実現されることとなります。

愛着を持って車に乗ってきたことをしっかりアピールしよう

中古車買取専門店で査定をしてもらう時に、車に愛着を持っていて大切に乗ってきたこと、きちんとお手入れをしていることを査定士にアピールすることによって、査定額が高くなった事例もたくさんあります。

車に乗るなら、メンテナンスが行き届いていない、車体が汚れていてもほうっておくなど、雑に扱われるよりは、車を常にきれいにお手入れして大切に乗ってきた車のほうが、車の状態が良くなります。

これまでに、車を大切にしてきたことを査定士におおいにアピールすると良いでしょう。車体、車内装備、これまでに追加したパーツなどがあれば、査定士に伝えることです。

車の外装について

こまめに洗車をしている
車にツヤが出るようにワックスをかけてお手入れをしている
事故歴や修復歴がない場合は、車の傷やへこみがないことをアピールする

車の内装について

アロママットやシートなどこまめにお手入れをしている

オプション・その他について

ドリンクホルダーやルームミラーなどの装備品をつけている
冬に使用するスタッドレスタイヤがある
メーカーオプションやディーラーオプションとして、電動スライドドア・サンルーフ・メーカー純正カーナビなどを装備している
車を購入した後に、マフラー・ホイール・エアロパーツなどを取付けした

このように、車には付加価値があることを査定士にきちんと伝えておくと良いでしょう。車の情報をこと細かく伝えることで、車を大切に扱ってきたことが、査定士に十分に伝わるはずです。

車に愛着を持っている人は、車を良い状態で長持ちさせようと丁寧に扱っているので、良い印象を持ってくれることでしょう。ディーラーオプションやメーカーオプション、パーツなどがあれば、備品としての価値がありますので、合わせて買取してもらえば、この分も査定・買取額に反映されますので、高額で買取してもらえる可能性大です。

査定士と交渉してもかえって逆効果になる可能性も

中古車買取専門店で、高額査定を狙うなら査定士との交渉力が必要ではありますが、交渉の仕方によってはかえって逆効果になる可能性もあります。

車の査定を依頼する人の中には、「今すぐには車を売りたいとは思わないけど、無料サービスなので、とりあえず査定してもらおう。」という人もいます。そのように考えていても、言葉にして伝えることで、査定士は「車を売る気がない人に、査定額を上げてもしょうがない。」と判断されることもあるので、高額査定はまず無理でしょう。

車を本気で売る気があるのなら、車の良い所やメリットと思われることを査定士にしっかり伝えて、おおいにアピールすることが肝心です。「査定をしても車を売る気がなさそうだし、買取の契約まではいかないだろう。」という気持ちが査定士に伝わると、査定額もそれなりの金額になると思います。

今すぐにでも車を売りたい、この車を買取してもらうことで、お店にとってのメリットが大きいことをしっかりと伝えた上で、あとは査定士に粘り強く交渉することです。