車を売却する際、傷やへこみはそのままでOKです

車の査定を行ってもらう時、やはり傷があると気になってしまうものです。「この傷のおかげで査定額が下がるんだろうな…」と思う人も多いでしょう。自分のミスで傷付けてしまうこともあれば、飛び石や洗車時のワックス、更には自分自身の爪など、案外ちょっとしたことでも傷がついてしまうのが車。
昨今では傷を消すことが出来るワックスも登場していますので軽い傷程度であれば消えるかもしれません。
ワックスで消えるような軽いものではなく、傍目からも「凄いな…」と思うような傷は、査定の前に修理しておいた方が印象が良いのではと思う人も多いようですが、修理せずに査定に出した方が良いのです。その理由に迫ってみるとしましょう。

なぜ傷やへこみは直さない方が良いのか

傷やへこみを直さない方が良い理由。それは単純にお金の問題です。
例えば板金業者で自動車の傷やへこみを直してもらおうと思った時、提示される修理費用には何が含まれているのかを考えてみると分かりやすいでしょう。
パーツ代や工賃、そして板金業者の利益です。慈善事業ではないのです。利益が出ない額で引き受ける訳がありません。板金業者とて手間暇をかけるのです。利益を上乗せした額を提示するのは当たり前です。
ここが問題なのです。つまり、板金業者への修理依頼は工賃以外の余計なお金がかかってしまうのです。

分かりやすく言えば、下がってしまった査定額と修理代を足しても、元の査定額には届きませんので、修理した分赤字になってしまうのです。

そのままの状態で買取店に出せば傷がない状態よりは査定額は低いでしょう。ですが修理した所で元の査定に戻るとは限りませんし、戻ったとしても修理費用を計算すればむしろ何もしない方が得なのではないかと思う可能性もあるのです。

中古車買取店に出した場合、買取ってから修理はしますが、利益云々ではなく、あくまでも良い状態に戻すために修理します。中古車買取店にとっては傷がついていても見慣れたもの。特に何も思わないだけに、手間暇かけて赤字にするくらいであれば、金銭的にも手間の面から考えても修理をせずにそのまま買取ってもらった方が良いのです。

自分での修理は辞めよう

軽い傷程度だから自分で修理しようと頑張る人もいるのですが、これも控えるべきです。
なぜなら、素人が軽い気持ちで修理を行った場合、逆にその工程が手間をかける理由になってしまうのです。傷付いた状態で買い取った場合、修理するだけで良いのですが、車のことをよく分かっていない人がなまじ中途半端に修理を行った場合、その修理した部分を修理しなければならない可能性もあるのです。
補修のためにとタッチペン等で塗る。自分自身では良いことをしたと思っているかもしれませんが、残念ながら業者にとっては「余計なこと」です。タッチペンの塗料をはがさなければならないのでかえって手間がかかる可能性もあるのです。
むしろその場合、手間を考慮して査定額がマイナスになることだってありますので、余計なことはしない方が良いのです。

修理すれば買取査定は多少は戻るかもしれませんが、戻った額と修理費を考えた時、残念ながらかけたお金が戻る可能性は低いのです。

お店への印象、あるいはマナーの面から修理してから出した方が良いのではないかとの思いは良く分かるのですが、査定額のことを考えるのであれば何もせずにそのまま査定してもらった方が良いのです。買取業者とて修理のノウハウは持っていますし、何より傷ついた車を見て印象が下がり、査定が下がる…なんてことはありません。
少々シビアな言い方になりますが、自分での補修は「無駄な努力」になるだけでしかありませんので、傷ついている車を買取りに出す際、わざわざ修理に出すよりもそのまま査定してもらった方が自分自身だけではなく、業者にとってもありがたいのです。