査定士はあなたの車をここを見ている!!

車査定

査定士が見るポイントというのは決まっております。
それを知ることで買取り交渉にも繋がり、また複数社で一括査定をした際の比較などにも役立ちます。

査定士はココを見ている!!

外装

傷・汚れ・ヘコミなどは勿論のこと、
ボディカラーも査定額を大きく左右します。
人気のあるカラーほど、査定額は高くなります。
また、査定前に傷やヘコミなどを修理しようとする場合、査定額にプラスにならない場合もありますので、十分に気を付けましょう。

内装

シートやフロアマットなどの汚れは、査定士が一番厳しくチェックするポイントとなります。交換が必要なほど汚れなどが酷かった場合は、査定額が大幅にダウンすることとなります。

また、ここ最近ではペットやタバコの臭いが残ったまま査定に出してしまうケースも多く、こちらもマイナスポイントになります。
車はこまめに換気し、臭いも芳香剤などで取るようにしましょう。

走行距離

車は普通自動車で10,000Km、軽自動車で8,000Kmが年間走行距離の目安です。この基準を大きくを上回ってると査定金額は上がります。
但し、エンジンなどの駆動部は動かしていないと調子が悪くなる傾向が多いので年間走行距離が少なすぎる車などは、プラス査定にならない場合があります。

エンジン

エンジン部分は「駆動状態」「オイル」「改造パーツの有無」「修復歴の有無」などをチェックします。
※「車体番号」は最も重要なチェックポイントになっており、移植や改ざんがあった場合は買取りが出来ない場合があります。

査定のチェックポイントまとめ

外装 ・ボディ全体の汚れ、傷、ヘコミ
・ボディカラー
・エアロパーツ
・ナンバープレート
・前後左右のガラス
・サンルーフ、ムーンルーフの動作確認
・ボンネットや天井の状態
・ヘッドライトやテールランプ
・ラジオ、テレビなどのアンテナ類
・ドア、ウインドウの動作確認
内装 ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートの状態
・オーディオ類とスピーカー
・カーナビ
・ハンドルやメーター類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態
・スペアのタイヤ
・付属の装備品
足回り・下回り ・タイヤやホイールの状態
・車高(サスやショックなど)
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの汚れ、にじみ
・各パーツのキズ、ヘコミ、錆など
エンジン回り ・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・修復歴の確認
・エンジンの状態
・改造パーツの有無
・車台番号
その他 ・メーカー、車種
・年式、グレード
・走行距離
・車検証・整備記録簿の内容
・取扱説明書などの書類
・車検の残期間
・キー(スペアキー)やキーレスなどの有無
・純正部品の有無