車買取りに必要な書類

車買取に必要な書類

これから車の下取りや売却をお考えのあなたは、

まず必要な書類を事前に揃えておかなければなりません。
一括査定には、車検証と自賠責保険証があれば問題はありませんが、

売却となれば必要になる書類があります。
まずは複数社で査定を受け、高額な車買取店で売却をすることにしましょう。

売却に必要な書類

自動車検査証

車検証は車の中に常時携帯しておくことが義務づけられていますが、
紛失した場合とは、早急に運輸支局で再交付するようにしましょう。

自動車納税署名証

こちらは自動車税を納付していることの証明書です。
車検を受ける為に必要な書類になります。
万が一、紛失した場合は各都道府県の税務署にて再発行が可能となっております。また軽自動車の場合は市区役所にて再発行しましょう。

自動車損害賠償責任保険証

自賠責保険に加入していることを証明する書類です。
車検証と同じく、常時携帯することが義務つけられています。
紛失した場合は、契約した各保険会社に連絡をしましょう。

実印

売却時や購入時に捺印するのは全て実印になります。
実印は各市町村にて登録したものに限ります。

印鑑証登録明書

各市町村で実印に使う印鑑だということを証明する書類です。
発効後3か月以内のものが必要になります。
また軽自動車の場合は必要ありません。

住民票

引越しをした場合など、車検証の住所と印鑑登録証明書の住所が違う場合に必要となります。

譲渡証明書

車を譲渡することを証明する書類です。
譲渡証明書はお店でもらうことができます。

委任状

車買取り業者などで、名義変更を代行したことを証明する書類です。
こちらもお店で用意してもらえます。

自動車リサイクル券の預託署名書

こちらは車検を受ける時に必要な書類です。
2005年に施行されたリサイクル法により、リサイクル券が交付されました。
車のリサイクル料金が支払い済みであることを証明する書類であり、
検査証と共に携帯することが一般的になっています。