愛車を売却する前に自動車リサイクル法について理解しておこう

車下取り

2005年1月に施行された自動車リサイクル法について、まだまだなじみが薄いようですが、本来の目的は環境保全と資源を有効に活用することです。今や車社会とも呼ばれる時代に突入して、日本国内では車は一家に一台ではなく、ひとりにつき1台以上所有する時代となりました。毎年、約300台以上もの車が廃車となっており、車の事故や故障などで乗れなくなった車や、車の老朽化で乗らなくなった車を廃車にしています。

車の原材料には、アルミや鉄などの金属素材が用いられており、車の事故や故障などで乗れなくなり、廃車に出しても、勤続としての価値は十分にあるわけです。そのため、車のリサイクル率は高くなっており、車の約8割はリサイクルされていて、残りの約2割は車を解体した後に処分されています。

自動車リサイクル法の制定により、車のリサイクル料金について、自動車リサイクル促進センターが預かり、厳重に管理をしています。フロン類やエアバッグなどの部品については、全国各地の自動車販売会社などにリサイクルするようにと、義務づけられています。

廃車となった車は、すべて完全に処分されているのではなく、部品や金属類などを有効に活用して、有用な資源をリサイクルすることによって、環境問題の解決を図るための法律として存在しています。車のリサイクルで発生する費用は、車を所有するドライバーがこれを負担します。

自動車リサイクル法が制定されてから早くも10年以上の月日が経過しましたが、ドライバーにはまだまだなじみが薄く、この法律について十分に理解していない人が多いようです。自動車リサイクル法は、「車の販売店に関する法律なので、とくに深く知る必要はない。」と認識している人も少なくありません。

しかし、ドライバーが中古車買取専門店などに行って、愛車を売却する際に、業者がその車を買取する時には、リサイクル券が必要となります。このリサイクル券は、自動車リサイクル法に基づいているもので、正しい手順で車の売買が行われているわけですから、この法律については、十分に理解を深める必要があります。

自動車リサイクル法とはどんな法律なの?

ここでは、2005年1月より施行された自動車リサイクル法に基づき、ドライバーと自動車メーカーの役割、自動車リサイクル費用の発生、料金の支払いから運用に至るまでの詳しい内容と自動車リサイクルの流れについてご紹介していきたいと思います。

まずは、自動車のリサイクルについて、自動車メーカーや車の輸入専門の業者、車の所有者と車関係の事業者に果たすべき役割について詳しくご説明しましょう。

自動車リサイクルで車の所有者の果たすべき役割とは?

車の所有者(車の廃車直前まで車を所有している人)は、自動車リサイクル法に基づき、車を廃車にする時に、リサイクルにかかる費用を支払う義務が生じます。廃車にする時には、自治体に登録された車引取専門の業者に車を引き渡します。

車の引取業者や解体業者など関連業者の果たすべき役割とは

車引取専門の業者の役割

車引取専門の業者は、車の所有者(廃車直前まで車を所有している人)から、廃車とする車を引取った後に、解体業者やフロン類を回収する業者などに引き渡します。

解体業者の役割

解体業者は、廃車となる車を引き取った後に、基準に基づいて適正に解体作業を行います。エアバッグ類を回収して、車のメーカーや輸入業者などに引き渡す役割をしています。

フロン類を回収する業者の役割

フロン類を引き取った後は、基準に基づいて解体作業を適正に行った後、車のメーカーや輸入業者などに引き渡します。

車の粉砕する業者の役割

車を粉砕する業者は、シュレッダーマシンなどを用いて解体作業を適正に行い、自動車メーカーや輸入業者に、シュレッダーダストを引き渡します。シュレッダーダストとは、金属類などの有価物を回収した後に残った物質のことを言います。

自動車メーカーと輸入業者が果たすべき役割

自動車メーカーや輸入業者は、自社にて製造された車、または輸入した車について、廃車した場合に、その車のフロン類やエアバッグ類、シュレッダーダストなどを引取り、自動車リサイクル法に基づいて、適正にリサイクルを行う役割を担っています。

自動車リサイクルの料金はいつ支払うの? 

自動車リサイクルに発生する費用は、いつどのタイミングで支払うのでしょうか。自動車リサイクルの費用は、車を所有した時点で、支払う義務が生じることになります。新車を購入した時点で、リサイクル料金を支払うことになっており、支払った後には預託証明書としてリサイクル券が発行されます。

リサイクル券を受け取ったら、紛失しないように大切に保管する必要があります。これは、自動車リサイクルに必要な費用について支払いを終えたことを正面するための重要な書類です。車内には、いつも車検証を保管していると思いますが、リサイクル券を一緒にしまっておくと良いでしょう。

車の所有者が支払ったリサイクル料金は、新車を購入した自動車販売店を通して、財団法人 自動車リサイクル促進センターが資金管理法人となって厳重に管理しています。

自動車リサイクルの料金の内訳は?

自動車リサイクルの料金は、エアバッグ類・シュレッダーダスト・フロン類・情報管理・資金管理に分類されています。

自動車リサイクルの料金の内訳は、フロン類・エアバッグ類・シュレッダーダストにかかる料金を合わせて7000円~18000円程度です。資金管理にかかる費用は380円(車検・廃車時には480円の費用が発生します)、情報管理にかかる費用は130円となっていますが、これらの料金はすべて一律ではなく、車の販売店や輸入業者ごとに格差が生じる場合もありますので、不明な点があれば、業者に直接尋ねるか、ウエブサイトを参照すると良いでしょう。